言語聴覚士(ST)シマシマかーちゃんの日常。

OneStepの言語聴覚士シマシマです。専門家でも、かーちゃん業は素人。個性的かつ凸凹ありの繊細っこを育てるかーちゃんの日常ブログです。

寝かしつけと寝落ち

こんばんは。そして、おはようございます。

 

いつも繰り返される、この感じ。

…そうです。

寝かしつける→(自分が先に)寝る→ハッと気づき起きる→やり残したままの家事をする→眠れなくなる→何となくスマホ、もしくはあつまれどうぶつの森をやり出す→日付が変わる→焦る→朝、疲れが取れない。

このループ。ありません??

 

うちの子は、寝つきが悪く、翌日のことを考えては不安や期待で眠れない。

その日に嫌なことがあると、忘れられなくて眠れない。

楽しすぎても、興奮して眠れない。

…つまりまぁ、眠れない、寝ないんです。

不登校で学校とうまくいかなかった頃は特に酷くて、日付変わることもしばしば。

 

それでも横であの手この手と寄り添って語ったりする訳ですよ。

でもまあ、寝ない。

暗闇の中、ベッドの上で正座して考え込んでる、小学生の姿はちょっとホラーです。。。

 

もちろん一番しんどいのは子ども。

どうにかしてあげたいと切に思うのです。

が!こちらも人間ですので、睡眠欲に勝てないこともよくあり。

「ねぇ、寝てるでしょ?」と起こされることもしばしば。

お互い疲労困憊です。

 

大人もですが子どもも、『考えること』を夜にしちゃうと眠れないですよね。

そして、夜に考えることってたいてい明るい思考じゃなく、ネガティブだったり、攻撃的だったり。

 

もっと小さな頃は読み聞かせを、毎晩していました。ですが、我が子は自分で音読するのが好きになってからは、自分で楽しみたい派。

さらに、読み聞かせでもってくる本が30分近く読み続ける本の内容になってきて、こちらも根を上げるようになりました。

 

ここ最近は、学校問題も落ち着き、思い悩むことも減ったのか、寝るときに考えこむことは減りました。

それでも、スッと寝てはくれないのです。

手強い!

 

そこで、、、

夫と私の交互でそれぞれ物語を作って、語りかけつつ寝せよう作戦を始めたのです。

いわゆる「むかーしむかし、あるところに…」的な創作話です。

夫の話はどうやら面白くないらしく(苦笑)

「あまりにも面白くなさすぎて、つまんないから寝るわ!」とまで言うくらい。

作者である夫は「この傑作をー!」との勢いなのですが。。

というわけで、夫の物語のときは寝るのが早い。

私のときは、本人が大好きなgirls2(ガールズ戦士シリーズ、おはガールのかわいい女の子たちですね)が主人公での創作話なので興奮してしまい、本編が終わっても「特別編は?予告編は?」と話が長くなり、さらに本人も話し始めてなかなか寝ない。

 

創作作家対決としては私の圧勝なのですが、肝心の『寝かしつけ』には完敗している今日この頃。

 

1人で寝る日はいつになるんでしょうかね?

お子さん、何歳くらいから1人で寝ていますか?

 

そして今夜もこの時間に目が覚めるのでした。

 

 

【オンラインスクールOneStepの紹介動画】
 
・楽しさありハイレベルあり、好奇心旺盛な小学生から東大入試攻略まで!
 
 
・OneStepののぶた先生は電子書籍も出版しています